syuzanso

syuzanso

syuzanso – 秀山荘のホームページの新着情報から、新製品の情報、お勧めのコース、コラムなどを 掲載していきます。また、お客様からの質問なども、ここでご紹介させて頂きます。

◆登山靴のソール剥がれについて
以前、秀山荘メールマガジンで紹介したことがある 「ソール剥がれ」。 依然としてトラブルの報告が多いのが現状です。
そこで今回は写真を交えて「ソール剥がれ」について、またその対処法をご紹介しようと思います。

登山の最中に登山靴のソールが剥がれたらどうしますか?秀山荘にもソールはがれの報告や修理が持ち込まれてきます。数年前からポリウレタン素材のソールの劣化が問題視され、ニュースや新聞にも取り上げられ、山渓や岳人でも特集記事として何度か掲載されましたが、まだ「経年劣化」について知らない人もいるかと思いますので、
(社)日本スポーツ用品工業会
日本スポーツ用品輸入協会
登山靴・トレッキングブーツ品質対策委員会
から配布されてますチラシを元にご説明します。

写真1.ソールが剥がれた状態
下山中にソールが全部剥がれてしまった。ミッドソールを指で押したら崩れてきた。全体にひびがはいっている。など・・・

◆原因
ポリウレタンミッドソールの経年劣化による破損。
ポリウレタンは軽量で耐磨耗性に優れており、適度な衝撃緩衝性を持っている為に登山靴やトレッキングブーツのミッドソールに多く使用されています。

しかし優れた性質を持つポリウレタンミッドソールも、その利用頻度や保管状況により性質が劣化して突然靴底が剥がれたり、破損してしまう場合があります。一般的には製造後5年程度がその寿命とされていますが、その利用頻度、保管状況により寿命が短くなることがあります。

底が剥がれたり、破損してしまったりする多くの場合は、ウレタンのミッドソールの経年劣化(年月とともに強度が低下する現象)で、その経年劣化は温度や湿度が主な原因となって起こるものです。

登山靴を使用する前には点検を行ってください。

◆点検
靴底は使用するたびに湾曲します。
・ひび割れが発生してる!
・ウレタンソールを指で押したら元に戻らない!
・ぼろぼろ崩れてきた!
は危険信号ですので、使用は止めてください。靴底の他にも、靴紐をかけるD環やフック、靴の回りのラバー剥がれなどもチェックしてください。

◆対策
写真2,3.応急処置

もし登山時にソールが剥がれたら、細引きやテーピングテープで靴を巻いて応急処置をしましょう。

使用前の登山靴ならば、靴の取り扱い説明書に書いてあるメーカー連絡先に連絡する、購入店に靴を見てもらう、などをして下さい。
説明書には手入れの方法や連絡先など書いてあるので、すぐに捨てないで確認してください。

保管する際は、通気性の良い場所で、ビニールなど密閉性の高い入れ物で保管しない。靴箱でも定期的に風通しを良くし、手入れをしてあげることをお勧めします。

ここは、秀山荘メールマガジンご案内のページです。
もちろん、無料でご購読いただけます!

秀山荘メールマガジンは…
山の近況や、アイテム等の豆知識、おすすめスポットなど山に関する情報満載でお届けします!
毎週火曜日配信予定、内容メニューは週替りです。

お知らせ!
「登録したのにメールマガジンが届かない!」という方、いらっしゃいませんか?
登録時のメールアドレス入力に間違いがあると、メールマガジンをお届けする事ができなくなってしまいます。
登録してから2週間以上経過してもメールマガジンが届かない場合、お手数ですが当HP、メールのページより、お問い合わせ下さい。